デビットカードが怖い

ネット上でよく見かける声、「クレジットカードが怖い」という意見、私は逆の印象をもっていて、クレジットカードは安心して使いまくっていますが、デビットカードは怖くて作る気がしません。

※この記事は、筆者の個人的な認識に基づいて書いていますので、実情と異なっている可能性がなきにしもあらずです。

クレジットカードが怖いのでデビットカードを持っている人、曰く、

  • クレジットカードは銀行に残高がなくても使えてしまうので、無駄遣いしがち。
  • デビットカードは口座残高が利用限度額なので、使いすぎる心配がない。
  • デビットカードは口座直結で、決済即時引き落としなので、金銭感覚が狂わない。

そんな感じに書かれています。

クレジットは無駄遣いして、デビットは使いすぎない、というのは、まったくおかしな話です。クレジットカードは利用限度額があるので、それ以上使おうとすると利用がストップされてしてしまいます。デビットカードは利用限度額=口座残高なので、有り金いっぱいまで使えてしまうので、口座残高が空になってしまったら、人生詰みます。クレジットカードの利用限度額は、ほとんどのカードで、自由に引き下げることができるので、使いすぎが心配なら、限度額を下げれば良いのです。

デビットカードは不正利用が怖いです。口座直結で決済即時引き落としなので、不正利用された瞬間に手遅れとなる恐れがあります。クレジットカードはカード会社のコンピューターが常に利用動向を監視しており、不正利用の兆候が見られた場合は、自動的にカード利用が停止されますし、そうでなくても、サポートデスクに電話するだけで、カード利用を止めてもらえます。そのどちらでもない場合であっても、カード会員側に過失がなければ、不正利用分はカード会社が補償してくれますので、デビットよりクレジットの方が不正利用に関しては安心感があります。

現金もデビットも、失ったら戻ってこないリスクがありますが、クレジットなら、不正利用を補償してもらえる可能性が高いので、心配はいりません。

そんな、怖いデビットカードですが、各自の個人的な都合で、クレジットカードを発行できない場合には、選択肢になります。以下のようなことに注意するといいでしょう。

  • 不正利用補償のあるデビットカードを選ぶ
  • 利用限度額を設定できるデビットカードを選ぶ
  • メインバンクとは別にデビットカード決済専用口座を作る
  • デビットカード決済専用口座には必要最小限の入金をする

不正利用補償のあるデビットカードは、上限が年間100万円だったり300万円だったりします。それを超えた額の不正利用については補償されません。不正利用が発覚しても、お金が戻ってくるのに、数週間から数ヶ月かかるそうです。預金残高が1000万円あったとして、全額不正利用されても全額は補償されないので、デビットカード専用口座を作って、必要な金額だけ入れるようにした方がいいでしょう。

最後に、金銭感覚についてですが、現金主義の人は、全ての支払の際にレシートを受け取って、完全な家計簿を付けるのでしょうか? いつどこでいくら使ったか、全て把握しているのでしょうか? いずれにしても非現実的だと思います。物理的な貨幣の方が「お金使った感がある」らしいのですが、それは幻想ではないでしょうか? クレジットカードなら、ネットで利用明細が見られます。いつどこでいくら使ったか、全て見れますので、毎月の生活費はこれくらいというのがすぐにわかります。次の支払はいくらで、ちょっと使いすぎたので、しばらく節約しよう、という計画も立てられます。現金主義の人は、よほど自己管理能力のある人でない限り、財布が薄くなってきたら随時ATMで補充する、なんて運用になりがちでしょう。

私が思うに、支出のほとんど全て(光熱費や通信費などの固定費だけでなく食費や生活雑貨なども含む)をクレジット払いにし、毎月、クレジット利用履歴と、口座残高の確認をする習慣を付ければ、お金の出入りを一括管理することができ、毎月いくらくらい使ったか把握することができますから、クレジットより現金の方が金銭感覚が狂いやすい印象があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

fireTVでdアニメストアでライセンス発行エラー

fireTV stick で、アプリ「dアニメストア」を使って視聴していると、fireTVがクラッシュして再起動しました。再度視聴しようとしたところ、ライセンス発行エラーLE2024-0というのが出ました。

le2024

何度再生のやり直しをしても視聴できません。仕方ないので、fireTVの電源を切って再起動したところ解決しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Core i7-860で32GBのメモリを使う

結論からいうと、GA-P55A-UD3RとCore i7-860で、メモリ32GB(DDR3-1600 8GBx4)が動作しています。CPUのスペック表にも、マザーボードの仕様にも、上限は16GBと書いてありますが。

海外の掲示板や2chのログによると、認識したりしなかったり起動したりしなかったり、動きが怪しかったり、様々な事例があるようで、それこそ相性問題で、運が良ければ動くようです。

i7-860の発売は2009年で、マザーボードの最新BIOSも2011年で止まっており、まだそのころは DDR3 8GB DIMMなんてな出回ってなかったはずですので、CPUやマザーボードが設計された時点では8GB DIMMなんて想定されていなかったのかもしれません。

うちの場合、定格で動かすとmemtest86がエラーを出します。メモリがかなり熱くなっていたので、熱暴走だと思い、CPUとメモリの電圧を下げてみました。Vcoreの電圧を1.24Vから1.1Vへ、メモリの電圧を1.5Vから1.3Vへ変更すると安定して動作するようになりました。

bios

このような設定で、memtest86一週とprime95一時間の動作を確認しました。コアの温度は78℃前後で安定します。CPUの仕様によれば、T-CASE値が72.7℃とあるので、かなりやばい温度ではありますが、通常はprime95の様にCPUを酷使することはないと思いますし、それでも一時間の連続稼働の確認ができたので、普通の用途では大丈夫そうです。

hwmon

低電圧メモリというとDDR3Lですが、うちのはLがつかないDDR3なのに、なぜか1.3Vで動作しているようです。HW-MONITORが報告してくる電圧は、Vcoreが1.07V、メモリが1.34Vくらいなので、電源回路か測定回路、またはその両方で多少の誤差が出ている思われます。まあ、100分の1の位の電圧の誤差は仕方ないともいえます。ですが、DDR3なのにDDR3L並の低電圧で動作するとは、なかなかやります。

使用したメモリは、PatriotとCrucialです。

dimm

消費電力は、Windowsのアイドル時は90W、prime95実行中は160Wくらいでした。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Raspberry Pi のカメラで撮影するプログラム

Raspberry Pi 公式カメラモジュールで撮影するには raspistill か raspivid いうコマンドを使うことになっていますが、どういうわけだか、自作アプリでプログラム的に画像を取り込む情報が非常に少なくて困ります。

USBカメラであれば、OpenCVを使ったプログラムで、比較的簡単に画像を取り込むことができます。筆者が作成したプログラムを参考にしてください。

これと同じ事を、公式カメラモジュールで行いたいというわけです。

その方法を紹介します。

※紹介するといっても、偉大なる先人の成果を紹介するだけですが。
参考:Raspberry Pi3でカメラモジュールをOpenCVで使う

前述の筆者が作成したプログラムは、C++とQtで使ったもので、これをコンパイルするには、 qt-sdk を初めとした開発環境をインストールしておきます。それに加え libopencv-dev も必要です。

apt-get install libv4l-dev qt-sdk libopencv-dev

libv4l-devにはbcm2835-v4l2というモジュールが含まれています。これをmodprobeコマンドで読み込むか、/etc/modulesに記述して再起動します。

モジュールが正しく読み込まれると、USBカメラ用に作成したOpenCVを使ったプログラムが、変更なしにそのまま実行できます。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Windowsで日本語フォント名から英語フォント名を取得する方法

GDI+の機能を使用する。

#include <windows.h>
#include <gdiplus.h>
#include <stdio.h>

#pragma comment(lib, "gdiplus.lib")

int main(int ac, char **av)
{
    if (ac > 1) {
        Gdiplus::GdiplusStartupInput gdiplusStartupInput;
        ULONG_PTR gdiplusToken;
        Gdiplus::GdiplusStartup(&gdiplusToken, &gdiplusStartupInput, nullptr);
        WCHAR name[100];
        MultiByteToWideChar(CP_ACP, 0, av[1], strlen(av[1]), name, LF_FACESIZE);
        Gdiplus::FontFamily f(name);
        int r = f.GetFamilyName(name, MAKELANGID(LANG_ENGLISH, SUBLANG_ENGLISH_US));
        if (r == 0) {
            char tmp[100];
            WideCharToMultiByte(CP_ACP, 0, name, wcslen(name), tmp, sizeof(tmp), 0, 0);
            puts(tmp);
        }
    }
}

出典:http://ja.stackoverflow.com/questions/17741/

カテゴリー: 備忘録 | コメントをどうぞ

Xfce4で音量変更通知のポップアップがウザい件

LinuxとXfce4の組み合わせで使用しているとき、オーディオ出力のボリュームを変更すると、画面の右上にポップアップが表示されることがあります。

speaker

これが目障りな場合、xfce4-notifydというパッケージを削除します。

http://unix.stackexchange.com/questions/98525/how-to-remove-popup-window-when-changing-volume-in-xfce

これで解決しない場合、xfce4-volumedというのもちょっと怪しいので確認してみます。

http://xfce.10915.n7.nabble.com/How-to-disable-notification-popups-td43164.html

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

X99-AにUSB2.0機器をつなぐとWindows7が起動しない問題

ASUSのマザーボードX99-AのUSB2.0ポートに何かつないでいると、Windows7の起動途中でフリーズすることがあります。

EHCI Legacy Support の設定を Disabled にすると、不具合が解消することがあります。

x99a

カテゴリー: 不具合対策, 備忘録 | コメントをどうぞ

Windows 10 のどこがダメか

http://dualsocketworld.blog134.fc2.com/blog-entry-453.html

Win10 では基本的には Windows Update に対する拒否権が無い
(Windows Update サービスを停止する事は出来ますが全ての更新が停止されます)

win10LZPUDs
※画像は上記サイトから拝借

「追加通知なくこのような種類の自動更新プログラムを受け取ることに同意するものとします」だって。こんなライセンス条項はお断りです。

下図はWindows 7です。

win7

ユーザーが選択することができました。

ユーザーの意思を尊重しないコンピューター。Windows 10 、もう、致命的にダメですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

Windowsで名前解決がおかしい問題

名前とIPアドレスのキャッシュにおかしな値が残っている場合があります。Windowsにはインターネットで使うDNSとWindowsネットワークで使うNetBIOS名があるので、両方のキャッシュをクリアする必要があるかもしれません。

DNSキャッシュをクリアする

C:\>ipconfig /flushdns

NetBIOS名キャッシュをクリアする

C:\>nbtstat -R

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

QPlainTextEditでドラッグアンドドロップ編集を無効化する方法

マウスボタンが押されたら、基底クラスが処理するより前に、選択を解除します。

void MyPlainTextEdit::mousePressEvent(QMouseEvent *e)
{
    QTextCursor c = textCursor();
    c.setPosition(c.selectionEnd());
    setTextCursor(c);
    QPlainTextEdit::mousePressEvent(e);
}
カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ