Raspberry Piで使ったSDカードをフォーマットする

Raspberry Pi用Linux(Raspbian)を書き込んだSDカードは、先頭に56MBの/bootパーティションが作成され、残りがルートパーティションとして割り当てられます。このカードをWindowsに戻してフォーマットしようとしても、56MBのカードとして認識されます。「コントロールパネル」→「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」では、この小さなパーティションを削除することができません。

再び、SDカードの全体を利用できるようにするには、全てのパーティションを削除する必要があります。Windowsで使えて無料のソフトとしては、EaseUS Partition Masterが利用できます。削除したいパーティションを右クリックして Delete Partition を選択します。これで、Windows標準のディスクの管理で削除できないパーティションを削除できます。

partitionmaster

(2013-08-25追記)
SD/SDHC/SDXC用SDフォーマッターというのがあるようです。
https://www.sdcard.org/jp/downloads/formatter_4/

sdformatter4

論理サイズ調整をONにしてからフォーマットを実行します。

SDカードを初期化するだけなら、EaseUS Partition Managerより、こちらの方が簡単確実なようです。

カテゴリー: Raspberry Pi   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA(画像認証)

上の画像の最初と最後を除いた3桁の数字を入力して、送信ボタンを押してください。