S/PDIF入力ボード

私が使用しているマザーボード、GIGABYTE GA-P35-DS4は、S/PDIF出力がリアパネルについているのですが、S/PDIF入力はマザーボード上にコネクタが出ているだけです。

spdif0

デジタル音声録音をしたかったので、インターフェース基板を制作しました。

spdif1

spdif2

同軸と光に対応しています。トグルスイッチで入力を切り替えます。

光信号の受信には、TORX177を使用しました。秋葉原を一回りしましたが、店頭在庫が存在しないようで、帰宅して調べてみるとディスコンらしいとのこと。探したところ、若松通商の通販に在庫があったので、送信用のTOTX177と合わせて、それぞれ10個ずつ購入しました。

TORX177のデータシートには、電源供給に47μHのインダクタを通すよう書かれていたのですが、手持ちがなかったので、フェライトビーズで間に合わせました。多分、推奨のインダクタンス値とだいぶ違うような気がします。でも一応動いてるし、人に売るわけでもないので、気にしないことにしました。

同軸側のパルストランスは、フェライトコアにウレタン線を手巻きして作りました。

適当なケースがなかったので、基板は裸です。基板の裏はショートしては困るので、ポリカーボネート板を基板と同じ大きさに切って、スペーサーとナイロンリベットで固定し、保護しています。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA(画像認証)

上の画像の最初と最後を除いた3桁の数字を入力して、送信ボタンを押してください。